屋根塗装をするべき時期とは?最適な時期を見分ける方法と適した季節を紹介します!

  • HOME
  • お知らせ
  • 屋根塗装をするべき時期とは?最適な時期を見分ける方法と適した季節を紹介します!

実は、屋根塗装には「するべき時期」が存在します。
屋根塗装をご検討中の方は、是非この「するべき時期」を逃さないでいただきたいです。
そこで、今回は屋根塗装をすべき時期を見分ける方法と塗装に適した季節について紹介します。

□屋根塗装をするべき時期を知るための方法とは?

屋根塗装をするべき時期として、主に2つの基準があります。
「塗料の耐用年数が終わるころ」と「屋根において劣化症状が見られたころ」です。
基本的に、2つ目の基準である「屋根の劣化症状」に対応する形で塗装をすることがおすすめです。
それは、塗料の耐用年数はあくまで目安に過ぎないため、劣化症状に合わせて塗装の判断をする方が確実であるからです。

では、早急に対処すべき劣化症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
1つ目は、カビや苔の発生です。
カビや苔が発生している場合は、まず洗浄を検討しましょう。
洗浄しても取れない場合は、早めに塗装を検討することをおすすめします。

2つ目は、ひび割れです。
屋根にひび割れが見られる場合、早急な対応が必要です。
仮に、屋根の一部分にしかひび割れがない場合でも、外的要因によってすぐにひび割れが広がってしまう可能性があります。
ひび割れが広がってしまうと雨水が室内に侵入する可能性があるため、早めに対応しましょう。

3つ目は、塗装の剥がれです。
塗装が剥がれていると、その部分は外的要因から建物を守れないため、建物の劣化にもつながります。
また、塗装の剥がれを放置していると再塗装する際に費用がかさんでしまうため、早めに塗装することが効果的です。

□屋根塗装に適した季節について

前提として、気温が高く乾燥しやすい時期は、塗料が早く乾くため、効率的に工事を進められるという特徴があります。
そのため、ご自身が住んでいる地域の気温や湿度を考慮して、屋根塗装をする時期を決められることをおすすめします。

具体的には、雪が降る地域の場合は、夏が最適です。
雪が降る地域の場合、夏の気温は高くて、塗料が乾きやすい湿度が保たれているため、夏に屋根塗装をするのがおすすめです。

雪が降らない地域の場合は、春と秋がおすすめです。
春と秋の気温と湿度は、塗装に非常に適していることが多いため、塗装会社の繁忙期ともなっています。

□まとめ

今回は、屋根塗装をするべき時期について紹介しました。
屋根塗装は、劣化症状に合わせて進めることと、気温や湿度を考慮して計画を立てることが大切です。
屋根塗装について何かお悩みや不明点がございましたら、是非お気軽に当社までご相談ください。